あっちもこっちも cyoko3.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

撮って、貼るのです。


by acchi993
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

春の風物詩を目の前で見れた。の巻


c0006827_7193560.jpg
お料理教室


なにならご婦人が魔女さんから妖しい料理の作り方を
熱心に習っているようです。


ちなみに次なる画像は、妖しくないですよ。



c0006827_7201842.jpg
「いかなご」さん


こんな時期になんですが、
3月の連休に夫の実家の神戸にいきまして、
そこで、初めて「生いかなご」みました。

そもそもなんでこんな時期にいったかというと、昨年末にこんな目にあったので、
そのリベンジで1月に旅割で券を取ってしまい、今からキャンセルするとお金かかるし、
正直・・・夫にも会いたかったので行ってきました(。。)



さて我が家では、毎年、神戸から『いかなごのくぎ煮』が送られてきます。

『いかなごのくぎ煮』とは、上の画像の魚
「いかなご」の佃煮なのです。

この「いかなご」は春しかとれない魚な上、
すぐ料理しないと痛んでしまうので、、
神戸ではこれをたくさん買って保存用に
煮て食べるようですよ~。

そして、今回初めて、3月に神戸に行く機会を得たので、
お義母さんに、作り方を教えてもらいました。

c0006827_7205434.jpg
甘めの醤油+ざらめ+みりん+しょうがで煮る。
強火で煮立てて、少しずつ「いかなご」投入!
コツは混ぜない!
煮汁がなくなるまで、アクをとりながら
煮詰める!煮詰める!!

c0006827_721242.jpg
最後に鍋ごと持ち、具を振るって、
余分な汁を切って別容器に移し、
冷やせば完成~。
(実際はもっと細かく教えてもらったが割愛しました。)


よ~し、次回はぜひ作ってみたい!
と思ったが、来年はこの時期行かないので無理だったのでした。
まあ、正直、ワタシが作るよりお義母さんの作るほうが、
すげー料理がおいしいので、いいや~。

以上!!


参考資料→イカナゴ(ウィキペディアより)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by acchi993 | 2011-03-28 07:33 | へんなの?(雑記とへんなの) | Comments(0)